八王子市平屋邸【基礎工事完成編】

こんにちは。畠山です。

早速ですが先日、

断熱材の施工技術をより理解するため、講習を受けてきました。

こちらです。

  講習を受けて試験をして、合格をすると、

こちらを頂きました。

そして先日、認定書と一緒に、

写真映りが気になるところですが・・・、

これと、

このステッカーが届きました。

今日から弊社も「断熱マイスターのいる店」です。

より施工技術を磨いていきたいと思います!

さて本題に、

タイトルにあるこの平屋邸では、工事の進捗、工事がどの様に進んで行くかを紹介していきたいと思います。

工程の都合で、撮影出来ず写真がたまに飛んでしまいますが、そこはご勘弁下さい!

ということで、

いよいよ、基礎工事が始まりました。

この敷地を木で囲う作業を遣り方と言います。

この遣り方は、建物の配置、建物の高さ(レベル)を決める、とてもとても重要な工事です。

これを間違えると、配置や高さがずれるという事になるので、「壊してやり直し」、

なんていう事になる場合もあります。

図面に記載されている寸法の「東西南北」を必ず確認する事が大事です。

遣り方の工事が完了したら、次は根切り(掘削)工事に入ります。

写真は掘削後の捨てコンの工事をしている状況です。

ミキサー車がコンクリートを運んできます。

こんな感じで、外周部にコンクリートを流し込みます。

ちなみに、透明のフィルムは防湿フィルムと言って、土中の湿気を防ぐ役割です。

少し見えにくいですが、フィルムに水滴がついています。

そして、この後は配筋工事に入ります。

まだ工事途中ですが、配筋の状況です。

配筋工事が完了したら、第三者機関の検査を受けて、コンクリートを流し込みます。

そして、今回はここで新商品の投入です。

今回は3回ほど新商品の投入を予定しています。

その第1弾です!

新商品とはこのシートです!

こんな感じで施工を進めていきます。

これで施工完了です。

このシートはそのまま仕上げ材として使える材料です。

以前、別の会社様の現場見学をした時にその仕上がりの良さに感動して、

商品を教えてもらいました。

こちらがどう仕上がるかは、この後のブログで報告をさせて頂きます。

さて工事に戻って、ベースと立ち上がりの2回に分けてコンクリートの工事をします。

ベースのコンクリートの工事をして、

立ち上がりの工事コンクリートの工事をして、

型枠を外して、基礎工事が完了します。

以上で基礎工事が完了です。

天候や建物の大きさにもよりますが、おおよそ1ヶ月位で基礎工事が完了します。

このあと、現場は大工工事に突入します。

その状況はまたブログで紹介をさせて頂きます。

この現場ですが、現場見学が可能です。

現在新築を検討している、工事途中を見てみたい、建物の大きさのイメージをつかみたい、などなど、是非お気軽にお問合せ下さい!

 

コメント

コメントはまだありません。コメントを投稿する最初の1人になって下さい
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年11月18日(月)

Instagram