注文住宅の標準品のご紹介① 【構造用合板】ノダさんのハイベストウッド

こんにちは。畠山です。

今年も長い長い夏休みが終わりました。

今年は9日間と長めに設定したものの、

子供達の部活やクラブが重なり我が家は遠出をしませんでした・・・。

娘達とテニスをして上達したなと思いつつまだまだ負けないぞ!と思ったり、

息子のサッカーの大会を見に行って感動したりと、

そんなのんびりした夏休みがあっても良いかと思いながら、

自宅の24時間換気の換気扇のフィルター掃除をしていました。

フィルターが多いと掃除が大変だなぁと思いながら・・・。

そして外に出て外壁を見ていると、コケで大分汚れて来たので掃除をしようと思い、

大分前に買ったのですが、このスプレー、こすらずに苔が落ちるので、非常に便利です。

こすらなくて良いというところがとても気に入っています!

この壁の状態がどうなるかは後日のお楽しみというとことで。

床も掃除しないとなぁ・・・と思いつつ、やっぱり、定期的なお掃除は非常に大事ですね。

ということで、来年はどっかに行きたいなぁと思うような今年の夏休みでした。

さて、今回ご紹介をするのは、ノダさんのハイベストウッドです。

この商品は外部に施工する面材耐力壁です。

面材耐力壁と言われてもピンと来ませんよね???

まずは、下記をご覧下さい。


なんとなくイメージをして頂きたいのですが、左側の工法より右側の面で支えた工法の方が良いというのがイメージして頂けるでしょうか?

構造計算上も有利に働きます。

上記だけでなく、さらにこの商品の良いところは透湿抵抗値が低いということです。

この商品を採用した一番の理由でもあります。

透湿抵抗値が高いと湿気を通しにくいという事になり、壁の中で結露が発生しやすくなります。

この面材を使う事で、高い耐久性を維持する事が出来ます。

耐久性が上がるということは、家が長持ちをする、資産価値も向上するという事になりますね。

複数の商品を検討したのですが、性能がとても良いということ、それでいて価格も良心的なところからこの商品を採用する事にしました。

この商品の良さをまとめるとこうなります。

いかがだったでしょうか?

完成してしまうと見えなくなる部分ではありますが、

家造りは見えなくなる部分も非常に大事です。

住宅を検討されているお客様、是非どんな材料を使って家が出来ているか見えない部分にも興味をもってもらえると嬉しいです。

弊社の注文住宅は家造りを楽しみたい、現時点で何も知識は無いけどしっかりじっくり建てたい、工務店と一緒に家造りをしたい、要望がたくさんある!と言ったお客様に向いていると思います。

という事で、性能よりもとにかく安く建てたい!とか打ち合わせの時間も無く急いで建てないと!というお客様は少々難しいかもしれません・・・すいません。

もちろん、家造りはお客様のスケジュールに合わせてご提案をさせて頂きます。

ちなみに弊社は、新築住宅の営業が僕と小野の二人で、あまりガツガツした営業ではありません。

良いのか悪いのか、そしてこれは二人の性格的なものか、または東北人だからか・・・。

僕と小野が同郷の同級生で現場監督と営業を経験しており、現場監督の伸也君は僕の弟でリフォーム担当の関山と同級生、僕と小野と佐藤は前職が一緒、会社としては若いですが、みんな10年超の業界経験者です。

工務店ですが、なぜか宅建士の資格者がとても多いです。(笑)

そこにベテランの武見と好青年の森と今年建築学校卒業の菊池が加わった、非常にチームワークの良い、和やかな雰囲気の会社になっています。

是非お気軽にお問い合わせを頂ければと思います。

ということで、今回は弊社の注文住宅の外周の壁に施工する構造用合板「ノダさんのハイベストウッド」を紹介させて頂きました!

 

コメント

コメントはまだありません。コメントを投稿する最初の1人になって下さい
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年09月20日(金)