今週もM’s構造設計 佐藤先生の耐震セミナーに行ってきました!

​こんにちは。畠山です。

昨日、先週に引き続き佐藤先生のセミナーに行ってきました。

先週と内容が若干違っていたものの、とても参考になりました。

短期間に2回聞くとさすがに頭に入ります!

セミナーの内容を少し紹介させて頂きます。

「住宅の優先順位間違っていませんか?」の問いです。

基本性能の上に、機能性が存在する。

意匠を優先して、構造がおろそかになってはいけませんよね。

先生が「今までに住宅が倒壊していないから大丈夫という人がいますが、

今までに倒壊するほどの地震が来ていないだけです。」と話していました。

確かにそうだなと思いました。

下記のデータをご覧下さい。

熊本の地震では耐震等級3の家は倒壊、全壊しなかったそうです。

数値で見ると地震のすごさを改めて思い知らされます。

​築年数の浅い住宅も倒壊していたそうで、設計をした方と先生が話をしたそうです。

上記は、その時の設計の方の話です。

セミナーでは写真も見せて頂き、地震のすごさを感じました。

どうして、「構造計算(耐震)、省エネに取り組まないのか?」という問いです。

取り組むとたしかに一手間、二手間以上にかかりますが、これからの住宅は「数値で性能が分かる事が必要」だと改めて感じる事が出来るセミナーでした。

最近、高断熱に取り組んでいる山梨のシーズンさんや高断熱に取り組んでいる友人に話を聞きましたが、断熱性能が良いと入居後のお客様の評判がとても良いようです。

アイディールでは、耐震、断熱、気密を軸に住宅の提案をしていきたいと思います。

7月にはイベントや新商品の発表も予定していますので、詳細が決まりましたらまたブログで紹介させて頂きます!

 

コメント

コメントはまだありません。コメントを投稿する最初の1人になって下さい
登録済みですか? ここからログイン
ゲスト
2019年11月18日(月)

Instagram